TOP > 電話応対の基本 > 留守番電話へのスマートな対処

留守番電話へのスマートな対処

個人事務所や個人商店など、職場が無人になりやすい会社・店に電話をかけると、留守番電話に切り替わることが多いです。

また、今日では直接担当者の携帯電話に電話することも多いですが、その際にも留守番電話に切り替わることも多いでしょう。

このように、ビジネスシーンでは留守番電話をどのように気持ち良いものにするかが大切な電話応対のリテラシーになっています。

スマートに留守番電話に伝言を残すためには、「要所をつかんだ、短い伝言」にまとめることが何よりも肝要です。

特に、携帯電話の留守番電話では、録音時間が短いものもあります。あまり、長々としゃべる余裕はありません。

また、あなたが留守番電話を聞くときのことを考えると、「短く、用件だけを伝えてくれれば、いいのに」というニーズがあることに気づくでしょう。

極論を言ってしまえば、
「あなたの名前」
「またご連絡を差し上げます」
の2つだけが伝わればいいでしょう。

もし何か用件を伝える必要があるなら、本当に短くまとめた用件を留守番電話に入れるようにしましょう。

突然、短くまとめるのは大変なので、事前に頭の中にまとめておくとよいでしょう。